美濃焼の窯元。人間国宝 加藤卓男、七代 加藤幸兵衛による陶磁器の販売。イベント情報、見学案内。

サイトマップリンクお問合せ

作陶五十年 七代加藤幸兵衛 茶陶展
会期:2019年9月12日(木)〜18日(水)
10時〜20時30分(最終日は16時まで)
会場:京王百貨店新宿店 6階 京王ギャラリー
https://www.keionet.com/info/shinjuku/

新宿京王での2年振りの展示となります。
茶碗をはじめ、水指、茶入、蓋置、香合、菓子器、花入、掛軸、風炉先など、様々な茶陶の新作を展観いたします。
作家は会期中在廊いたします。
東京の皆様、ぜひご高覧くださいませ。

また併設の茶室にて、幸兵衛の作品を使った呈茶もございます。(11時〜16時)
9月12日(木) 表千家 上岡悦子先生
9月13日(金) 裏千家 金澤宗維先生
9月14日(土) 裏千家 東宮宗洋先生
9月15日(日) 表千家 植木正子先生
9月16日(月祝) 裏千家 岸 宗明先生
9月17日(火) 裏千家 五十嵐宗真先生


幸兵衛窯展
会期:2019年9月1日(日)〜30日(月)11:00〜21:00
ジカバーニッポン
(東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン ガレリア3階)

六本木ミッドタウンのジカバーニッポンにて、9月の1ヶ月間、幸兵衛窯展を開催いたします。
ペルシア陶、美濃陶など、夏から秋へと移りゆく器の風情をお愉しみください。
9月6日(金)・7日(土)には、加藤亮太郎による茶会も開催いたします。
https://thecovernippon.jp/201908229-koubeigama/


幸兵衛窯 歴代展 〜五代 加藤幸兵衛・六代 加藤卓男・七代 加藤幸兵衛・八代 加藤亮太郎
会期:2019年6月26日(水)〜9月29日(日)
10時〜17時 (月曜休館)
会場:とうしん美濃陶芸美術館(岐阜県多治見市虎渓山町4-13-1とうしん学びの丘エール内 Tel.0572-22-1155)
入場無料

https://www.shinkin.co.jp/tono/toshin/pdf/minotougei.pdf

地元多治見の美術館で、歴代展を開催いたします。
1804年に初代 加藤幸兵衛が開窯して以来、時代を超え、窯の火を燃やし続けて215年。
歴代の代表作約70点を一堂に展観いたします。
この機会に是非ご覧くださいませ。

また、関連のイベントも様々ございますので、こちらもあわせてご参加くださいませ。
・七代 加藤幸兵衛 講演会「ペルシアへの思い」
2019年6月29日(土)13時30分〜(聴講無料・要事前申込)
・加藤亮太郎 「大王松茶会」
2019年9月14日(土) 1〜4席(各席8名様・参加無料・要事前申込)

◇幸兵衛窯公式インスタグラム ◇
こちらも是非ご覧くださいませ。


◇幸兵衛窯FACEBOOKページはこちらです◇
★★幸兵衛窯がミシュランで2ツ星を獲得
2015年6月15日にフランスの由緒ある観光名所ガイドブック、ミシュラングリーンガイドジャポン改訂第4版が出版され、幸兵衛窯は再々々度★★2つ星に認定されました。
★★2つ星は、近くに出掛けた際に「寄り道する価値がある」場所であるとして、同書にて推薦されております。
美濃陶酔   緋酒器 ( ひさかき ) いのしし
2019年の干支、亥をテーマとした赤絵六角盃、鉄釉爛瓶、三千盛の日本酒の熱燗用セットです。美濃焼と日本酒のコラボ商品で幸兵衛窯は赤絵六角盃と赤絵蓋を制作しております。ご贈答用にもどうぞ。

『市之倉さかづき美術館』
http://www.sakazuki.or.jp/
加藤亮太郎
『幸兵衛窯 作陶館』
市之倉さかづき美術館の隣に陶芸体験ができる施設があります。
株式会社幸兵衛窯 〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町4-124 TEL.0572-22-3821 FAX.0572-24-3661