美濃焼の窯元。人間国宝 加藤卓男、七代 加藤幸兵衛による陶磁器の販売。イベント情報、見学案内。

サイトマップリンクお問合せ
幸兵衛窯 2017年冬の特別頒布 販売開始
特別頒布期間 2017年1月31日まで
今年も冬の新作を特別価格にて頒布いたします。
歳末の贈り物、新年を迎える器として是非お使いください。
1万円以上お買上げにつき「イヤーズプレート2017」1枚を進呈いたします。
詳細はこちらから

ドームやきものワールド2016
会期:2016年11月17日(木)〜23日(祝) 
10時〜18時
会場:ナゴヤドーム(名古屋市東区大幸南1丁目)
http://www.dome-yakimono.com
入場料:前売1000円 / 当日1200円(小学生以下無料)

毎年恒例、日本最大級の焼き物の祭典です。
全国から400件の窯元が出店いたします。
幸兵衛窯もブースを設け、新作を取り揃えて皆様のお越しをお待ちしております。
ブースNo.は、H-18です。

また今回は、テレビ愛知制作の番組の放映に合わせて、企画展示ブースにて「ラスター彩特別展〜虹色を追う男たち」を開催いたします。
卓男、七代幸兵衛、イラン人陶芸家のラスター彩作品が約20点展示されます。
こちらも併せてご覧くださいませ。


志野・椿手 加藤亮太郎 十わん十盃 plus one
会期:2016年11月18日(金)〜27日(日)
12時〜19時会期中無休    
(作家在廊日・18日、19日、20日、21日、23日、26日、27日)
会場:陶 翫粋(京都市上京区堀川通寺之内上ル2丁目下天神町653)
http://www.gansui.gallery

京都に昨年開廊したギャラリー 翫粋さんにて、志野と椿手の茶わん十わんと酒呑十盃に絞った展覧会をいたします。
今年3度焚いた穴窯から選んだ志野は、絵志野・無地志野・紅志野・鼠志野のほか、書をあしらった新シリーズも発表いたします。
また椿手も、様々な色あいのものをお出しいたします。
京都では15年振りの個展となります。
是非ご高覧ください。

陶芸ジャパン2016 彩りの器市 in OSAKA
会期:2016年11月10日(木)〜13日(日) 
   10時〜19時(最終日は18時まで)
会場:TWIN21 1Fアトリウム(大阪市中央区城見2-1-61)
入場無料

大阪で初開催される器のイベント。
幸兵衛窯もブースを設けて新作など100余展を展示即売いたします。
大阪の方々、是非お出掛けくださいませ。

PANK工芸〜魂の救済展
会期:2016年9月17日(土)〜12月6日 (火)
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日:水曜日(祝日の場合は翌日)    
※11月23日(水祝)は開館。11月24日(木)振替休館

会場:樂翠亭美術館(富山市奥田新町2-27)
入館料:一般800円 団体(10名以上)600円
      学生400円 ※学生証をご呈示下さい。
◯小学生以下無料 ※保護者の同伴をお願いしております。
◯2F特別展示室との共通割引あり

富山の樂翠亭美術館にて、現代工芸を代表する気鋭作家10名による展覧会が開催されます。
加藤亮太郎は、3部屋を使ってオブジェや茶碗などの作品を展示しております。
ぜひお出掛けください。

受賞のお知らせ
2014年7月24日、日本国外務省から、七代加藤幸兵衛に対し外務大臣表彰の受賞が発表されました。

http://www.ir.emb-japan.go.jp/jp/jicc/2014/Kobei_Kato_j.html


 
幸兵衛窯FACEBOOKページ開設いたしました◇
★★幸兵衛窯がミシュランで2ツ星を獲得
2015年6月15日にフランスの由緒ある観光名所ガイドブック、ミシュラングリーンガイドジャポン改訂第4版が出版され、幸兵衛窯は再々々度★★2つ星に認定されました。
★★2つ星は、近くに出掛けた際に「寄り道する価値がある」場所であるとして、同書にて推薦されております。
美濃陶酔   緋酒器 ( ひさかき ) さる
2016年の干支、申をテーマとした赤絵六角盃、鉄釉爛瓶、三千盛の日本酒の熱燗用セットです。美濃焼と日本酒のコラボ商品で幸兵衛窯は赤絵六角盃と赤絵蓋を制作しております。ご贈答用にもどうぞ。

『市之倉さかづき美術館』
http://www.sakazuki.or.jp/
加藤亮太郎
『幸兵衛窯 作陶館』
市之倉さかづき美術館の隣に陶芸体験ができる施設があります。
作陶館のページはこちら↓↓↓
株式会社幸兵衛窯 〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町4-124 TEL.0572-22-3821 FAX.0572-24-3661